2012年07月18日

浴衣の帯結び!(*^_^*)

東海地方の梅雨も明けたみたいですね。
さあ!これからお盆までの一ヶ月は「暑いですね〜」を連呼しながら踏ん張るぞー!

ところで本当に暑いですね〜(^^ゞ

先週は浴衣の帯結びを皆さんに紹介しようと思いながら「ふ〜暑い」で手が止まる・・・
おまけに我が故郷の滋賀県では何やら大変な騒動が起きている様です。
その内容を知れば知るほどテンションが下がってしまいます。

お菓子のおまけは一つでも、おかしな問題は次から次へとおまけがついて困ります。(・_・;)

こんな時代だからこそ着物の温もりや和みの精神を見直さなくてはいけません。
と、自らを鼓舞して今日は浴衣の着方&帯結びについて伝えたいと思います。

先ずは浴衣の着方!
アッ、これは私よりもぷち女将さんがブログの中で楽しい着方を紹介してくれています。
コメント欄からぷち女将さんのブログを覘いて下さい。

「モシ、モシ〜、最初から手を抜いてませんか?」

「ゲッ、バレマシタ!」

浴衣はほとんど素肌に着るものです。
その過程や着心地を一番端的に教えてくれるのは普段に着物を着ている人なのです。


自分で浴衣を着るのに暑苦しい伊達締めを結びなさいと教える着付け教室もあるみたいですが、
そんなおかしな着替え方を強要する人達が不思議だと思えば問題解決です。ヽ(^。^)ノ

次に浴衣の帯結び!
ここからは私でも伝えられる事は沢山あります。(*^^)v

先ず半幅帯を結ぶ時の基本は2つしかありません。
これだけはしっかりと覚えて下さいね。(*^_^*)


ちなみに半幅帯は帯の中でも一番歴史が古く
本当は袋帯や名古屋帯よりも偉いのです。(*^^)v


帯を結ぶ時は手にした帯の硬さや長さで最後にできる形はすべて違ってきます。
間違っても手本を見ながら同じ形にしようと考えないで下さい。

エッ、着付け教室では同じ形にしなさいと言われました。
そんな無理難題を真に受けるからいつまで経っても帯が結べないのです。(・_・;)
001.JPG

帯を手にしたら片方を半分に折ります。
前に使ってある帯なら折線が付いていると思いますよ。(*^_^*)
こんな風に肩に掛けても良いし、そのまま手に持ったまま巻いてもかまいません。

はじめて帯を結ぶ人は出来るだけ半分に折った方を長めに取りましょう。
半分に折った方の長さが足りないと最後に帯を留める時に苦労します。

長過ぎると考えるよりも最後の飾りに使えると考えれば良いのです。(*^^)v


002.JPG

帯を体に2巻きするとこんな感じになります。
003.JPG

体に巻いた方の帯に半分に折った方の帯を被せて・・・

004.JPG

そのまま一縛りにします。

005.JPG

ここまで出来たら真横にギュッ!と締めて下さい。

006.JPG

真横にギュッと締めたら今度はそのまま縦にギュッと立てる!
これで結んだ帯は緩みにくくなります。(*^^)v

ここまでが半幅帯を結ぶ基本その1です。

007.JPG

後は結んで余った両方の長さを利用して
その時の気分で自由に形を作れば良いのです。ヽ(^。^)ノ


ここで裏技を一つ!
最近の浴衣帯はポリエステルの帯がほとんどですね。
厚みのあるポリエステル帯は縦にギュッと留めても反発して緩んでしまう事があります。
そんな時は下に垂れ下がった方を横に持って行き

007-1.jpg

キュッとして

008.JPG

折った方の帯を一巻きしてしまうのです。

009.JPG

010.JPG

これで結んだ帯はもう緩みません。ヽ(^。^)ノ

011.JPG

後は折って無い方の帯を適当に畳んで

013.JPG

お腹の前で羽になる部分の大きさを考える!

014.JPG

ここまで出来たら半分に折った方を下におろして羽を包むように一巻きすれば良いのです。

015.JPG

何かペッタンコでおもしろく無い!
と、思ったら縦になっている羽を横に立てて半分に折った方の帯を少し引っ張ると収まります。
後は羽に動きを作れば完成です。ヽ(^。^)ノ

016.JPG

帯結びの遊び方は、
あまっている赤丸の部分で花を作ったり長さを加減して遊ぶのです。


016-9.jpg


浴衣にもやっぱり差したい帯簪!

018.JPG

次に半幅帯の基本その2!

同じように半幅帯の片方を半分に折って適当に長さを決めて下さい。
今回は背中の方で結びますが、皆さんはお腹の前と思って下さいね。(*^_^*)

体に2巻きして一結びまでは同じです。
019.JPG

020.JPG

半分に折った方を被せて一結び!

021.JPG

横にキュッとしたら立てる!これで帯は留まります。

023.JPG

ここからが半幅帯の基本その2!

半分に折ってない方の帯を元で適当な大きさの輪を作ります。

024.JPG

この輪を折った方の帯で一結びします。
025.JPG

帯の色で分かり辛いですね。(^^ゞ
025-1.jpg

要するに最初の一結びと同じように輪の元に折った方の帯を被せて一結びにするのです。
これが二結び目の終わった形!

026.JPG

基本の一結びと二結びでは何が違う?

この使い分けは帯の長さと結ぶ形で決めれば良いのです。
一結びは遊べる部分は二つ折りの余った長さと垂の部分!
二結びにすれば輪の部分が増えて3本の長さを利用して遊べるのです。ヽ(^。^)ノ


026-2.jpg


今回は帯の柄に合せて蝶々にしてみました。(*^^)v

028.JPG

帯は創作と想像の世界で遊ぶのが一番の基本です。

本や人から帯結びを習う時に

ここは何センチにしなさいと言われた時点で、

「アッ、この人は帯結びを知らないんだ〜」

と、思えば間違いありません。(*^_^*)  

そんな無理難題を強要する教え方をされたら、
日本中が悩んでしまうイジメ問題に発展します。(^_^;)



と、ここまで更新したのでやりかけの下駄の修理をします。
アッ、その前に晩御飯にします。(*^^)v
027.JPG

posted by kiraku at 19:39| Comment(4) | 半幅帯の結び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする