2017年02月28日

着物は洋服を着るように着替えましょうね。(*^_^*)

ブログのサボり癖がついてしまった?(~_~;)(反省)

アッ、反省と言えば今年は満60歳の還暦を迎えます。
その前に60年の人生を振り返り過去の反省だけは日々続けております。
我ながら反省する材料が多過ぎてしまい自分でも驚いています。(^_^;)

私は同じ失敗を繰り返さないように生きて来たつもりです。
それでもこれだけの反省材料があるのかー!と感心しています。(*^_^*)

94歳になる母親も過去の後悔では無く、
私の前では日々の反省をしてくれています。

幾つになっても、
謙虚な心から生まれる日々の反省は大切です。(*^^)v

私が母親の年齢まで生きられると仮定して、
還暦の区切りに今までの人生を深く反省しなければ、
この先の人生を考えると、
小難しい顔をした年寄りの間違いは誰も指摘をしてくれません。

これが俗にいう「お直しオバサン」の姿なのです。(^_^;)

しかし、私は年上の「お直しオバサン」にも言ってしまうのです。
先月の事ですが若い頃に〇✕きもの学院で最高位の資格を習得して
お店で着付けを教えている着物店の奥さんと話をする機会がありました。

2時間ほどの会話を少し紹介すると、

生徒さんは続かず着物もまったく売れないと言われるので、

「着物本来の価値は何だと思いますか?高価な絹ずれの音ですか?」

今から何をすれば良いのかと尋ねられたので、

「着物本来の価値を伝えるだけで、お店に人が集まるのは自然だと思いませんか?」

典型的なお直しオバサンには私の言葉はかなりキツイです。
しかし、自分の意思で私に会いに来る人には言葉を受け取る器はあるのです。

私が最後に伝えた言葉は、

「〇✕学院の免状を可燃ごみに出す覚悟があれば、
 少なくとも今まで売って来た着物や帯は、
 タンスから可燃ごみに出される事は無くなります」

この言葉に今までの曇った顔がパッと明るくなり、
「何か元気が出て来ました」と笑顔になってくれました。

ひと昔前なら顔を真っ赤にして怒り出した言葉でも、
今は生きる為に反省が必要な時代になっている気がします。

「着物業界の今を未来に繋がる今にして下さい」(^^ゞ

日本中の着物店が「着らく」になれば、
日本中の子供と捨てられている着物は救われます。

着物に関わる人達にとって本来の着物文化とは、
生きる為の仕事として伝える責任がある!と、
「着らく」を続けながら思い続けた気持ちです。

などと・・・小難しい話題は置いといて、
楽しい着物姿を紹介しましょう。

小庵「着らく」には、
詐欺師のマインドコントロールは皆無!

集まって何をやっているのかな?
答えは・・・・「晴れ着の着付けゴッコ!」でした。

「この帯揚げ長くない?」
「そのまま首に巻けば温かくない?」  
私「・・・」(*^_^*)

003.JPG

着付けゴッコに飽きれば後は適当に遊ぶ!

005.JPG

楽しい着替えは適当な着物姿になるのです。
「着替えはこれで良いのだー!」(*^^)v

008.JPG

009.JPG

受け継がれた着物や帯には
同じサイズも同じ素材も無いのです。
手にした着物や帯と会話をしなければ・・・
「絶対に着られないーーーー!!!!!」(T_T)

011.JPG

012.JPG

手にした着物や帯と楽しく会話をすれば、
着方の工夫は着物と帯が教えてくれます。


014.JPG

015.JPG

昔の着物に同じ着物姿は存在しない!
その理由はもう分かりますよね〜(#^.^#)

016.JPG

017.JPG

ある日の小庵「着らく」

「師匠、おはようございます!」

018.JPG

お着替え!

021.JPG

着替えたら消えた!

019.JPG

奥の秘密基地から就活についての激論が・・・

020.JPG

そろそろ終わる時間だよな〜、と思っていたら、
奥からゴソゴソと出て来て一言。
「まだ時間があるから着替えますー!」
「エッ、着替えるの?」(^_^;)

023.JPG

ある日の小庵「着らく」

「師匠、おはようございます」
お着替え!お着替え!

001.JPG

お着替え!お着替え!

003.JPG

お着替え!お着替え!

005.JPG
006.JPG

小庵「着らく」には、
同じ着物姿と同じ空気はありません。

共通している事は、
どちらも笑顔に包まれている!ヽ(^。^)ノ
posted by kiraku at 15:35| 愛知 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
師匠、皆さま こんにちは!

誰かが勝手に作った、着物のルールに惑わされて、
怖くて着物が着られない人がたくさんいますもんね。

着物屋さんにも、悩んでいらっしゃる方がいて
まだ未来は明るいですね。

最近の卒業袴や成人式の様子は、写真屋も着物屋も
色々、着付けメイク込みで◯十万円!

ある時、レンタル着物も高いんだなあ〜と
驚いて、どんなすごい着物なのかと、お店前に
展示してある着物を立ち止まって見ていたら、
すぐに店員さんが来たので、このレンタルの着物の
素材はなんですか?と聞くと、手入れのしやすさも
あり、全てポリエステル。どこの業者もほとんどそうだとか。

どうして、こんなに高いのか伺うと
タレント仕様、柄、流行、デザインの料金だとか。

知人がおばあちゃんの着物に袴を履いて、
卒業式に出ていました。とても素敵でした。

多分、おばあちゃんのスーツやドレスがあったとしても
素材もサイズも柄、デザインも孫が着るのは、着物のようにはいきません。

ところで、ポリエステルは、長持ちするのでしょうか?
今、袴も振袖もポリエステル製が多く
出回っていますが、洗ったりしやすいかも
しれませんが、おばあちゃん達の今までの着物みたいに
孫の代でも着られるのか疑問です。
通気性が悪そうなので、厳しいように思うのですが。

熱くなってしまい、長文失礼いたしました。


Posted by すな at 2017年02月28日 20:40
すなさん おはようございます。(*^_^*)

古い着物を見てしまうと現代着物は見るに堪えない着物もたくさんあります。

大手チェーン店のレンタル振り袖もプリント柄のペラペラ素材に驚き、
そのレンタル料金に2度ビックリマンチョコレートです。

卒業式のレンタル着物は半着のポリ振袖にポリ袴が常識になっているようですね。
その着物や袴を見れば買うよりもはるかに高いレンタル料を盗っているのです。

アッ、盗っていると書いたのは誤字にはならないと思います。(*^_^*)

これも暗黙のしきたり文化の延長線上にある現実です。

しかしご安心ください。
遊びに来ている子共達には受け継がれた着物の価値をしっかりと伝えています。

小庵「着らく」に派手柄のポリエステル着物を置いても見向きもされません。
それは着心地の悪さと着にくさを肌で感じて理解しているからです。

ポリ着物を勧めるのは着物の着心地を知らない着物業界の人達だけです。
しかし、世間的には着物店のお勧めはプロが勧める着物になるのです。

そんな晴れ着の現実も着物店の奥さんに話をしたのですが、
その反応はチンプンカンプンなのです。

そこで分かり易く説明する為に角帯の話をしたのです。

マジックテープのワンタッチ角帯を売るのはユ〇クロの浴衣セットなら分かります。
着物店の店先にマジックテープの角帯を置くのはプロの恥だと思いませんか?

「・・・・・・・・・」

着物店なら店先で角帯の締め心地を教えてあげるのが、
着物を売るプロの仕事だとは思いませんか?

「言われてみれば・・・そうですね」

50年近くも着物店を営みながら、
その光景を想像すらしなかった事が私には驚きです。

〇〇着物学院の先生は本当に着付けのプロですか?
〇〇着物店の御主人は本当に着物のプロですか?

こんな当たり前の問いかけに言葉を失うプロが多すぎるのです。(・_・;)

着物文化がここまで歪んでしまった時代は過去にありません。

この歪みは戦後の着付け教室からすべてが始まっているのです。

世界中に日本の恥を振りまいた詐欺師に反省を求めるのは無理でも、
知らずに片棒を担いだ人達には反省から生まれる再生もあると思います。(*^^)v

「私は60年も日本に住みながら過去に一度も、
 着心地と着やすさを勧める着物のプロに出会った事はありません。」

衣服として考えると・・・ある意味でこれは凄い事です。(^_^;)

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)
Posted by 師匠 at 2017年03月01日 09:52
今晩は。(^^) 着物と日本文化の将来を思えばこその、歯に衣着せぬ御言葉に愛を感じる人々はこれから一層、増えて行くと思います。

以前、Facebookの着物に関するページでこんな投稿がありました。
美しい着物をお召しになった若い女性がとても、ふてくされた表情で写真に写っていました。その、ふてくされた理由が、「おはしょりを少し出しすぎて失敗した」事が原因だそうです。(^^;;
そんな下らない事で、折角美しく着物を着た事も楽しめないとは、「おはしょり何センチ」で着付け教室で洗脳されてしまった後遺症でしょうか?
着物の世界の「〜するべき!」という洗脳教育は、これから将来を担う若者達から笑顔を奪うものでしかないと痛感致しました。
Posted by あきこ at 2017年03月01日 22:23
あきこさん おはようございます。(*^_^*)

このブログの内容は私が本当に伝えたい事の半分なんですよ。(^_^;)

着物姿は着ている人の心をそのまま素直に映してしまいます。
着ている人が楽しく無ければその心を包んでいる着物も楽しくないのです。

アッ、悲しい心を包まないようにおはしょりの意味は更新でお伝えしましょうかね〜
(*^^)v

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)

Posted by 師匠 at 2017年03月02日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: