2017年02月03日

着物の温もりと着心地を知るのは・・・・着ている本人だけです。(*^^)v

新井さん こんにちは (*^_^*)

小庵「着らく」は名古屋にあります。
楽しい着物文化を伝える「着らく」は日本中に点在しています。
楽しそうに着物を着ている人を見掛けたら声を掛けてみて下さい。(#^.^#)

先日も広島のじゃりんこチエ「着らく」さんと電話で話をしていたんですよ。(*^^)v

その時の話を少し紹介すると、

着物文化を伝えた大学の教授さんが一年ほど海外に行くので、
行った先の国で着物文化を紹介したいと言われたそうです。

私の伝えた言葉は、

「着物は日本の風土にあった衣服です。
 アラブ人が日本に来てアラブの民族衣装の良さを押し付けますか?」

「そうですよね〜」

「民族衣装とはわざわざ素晴らしさを紹介しなくても、
 着ている本人が楽であれば海外に行っても普通に着ているものです」

「そうですよね〜」

「それをわざわざ着物文化を紹介するために着物を持って行く意味はありません」

「そうですよね〜」

「着物は特別な衣服だと思っているのは日本人だけです。
 教えられないと着られないような今の着物文化を正さない限り、
 着物を民族衣装として世界に紹介すれば日本の恥になるだけです」

「言われてみればその通りですよね〜」

「以上!」(*^^)v

新井さんも着物を着たいと思ったら、
着物は四角い風呂敷を体に巻くだけの衣服なんですよ。

洋服は袋に体を入れる衣服文化!
着物は四角い風呂敷を体に巻き付ける衣服文化!

新井さんはどちらが着るのに難しいと思いますか?

袋はサイズが合わなければ入らないのです。
四角い風呂敷は体のサイズに関係なく包めるのです。

着るのに難しい洋服を着こなしている日本人が着物を着られない?

「何かおかしいと思いませんか?」

「洋服を普通に着ている日本人が、 
 着物を簡単に着られないのはおかしい!」

こんな普通の常識を持って遊びながら着てみる事です。

着物は小難しく習うものではありません。
きれいな柄の四角い風呂敷を体に巻くだけで、
着物の温もりと楽しさに出会えます。

「着物はこんなに簡単で楽しい衣服なんだー!」

それに気付けば自然に着慣れてしまう衣服なんですよ。(*^^)v

着物好きな新井さんが「着らく」を始めてくれるのを、
周りの友達は待っていると思います。

小庵「着らく」は母親の介護を一番に考えているので
一般の人を相手に予定と約束が出来ません。

子供達との約束も着物の神様に

「どうか母親が壊れませんように」

と、毎日お願いをしているのです。(*^_^*)

小庵「着らく」は場所を選ばず!

「遊びに来ている子共達と、
 楽しく着物を着ている皆さんの数だけ」

「着らく」は日本中に誕生しています。ヽ(^。^)ノ
posted by kiraku at 12:28| 愛知 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!私は2歳と0歳の子供を持つ20代の主婦です。

このブログを初めて読んだ時の衝撃と言ったら…頻繁に拝見していますが、本当に目から鱗だらけです。

もともと着物が大好きで、大学に入ったら着よう、仕事が休みの日に着よう、出産したら着よう、子育てが落ち着いたら着よう。。。とタイミングを逃し現在に至ります。

もっと早くにこのブログに出会っていたら、10代のうちから着物ファッションを楽しむことができただろうにと悔やむばかりです。



今はリサイクル着物を扱うネットショップで自分好みの安い着物を探すのが趣味です。本当は1日着て過ごしたいんですけど、子育てが大変な今はどうしてもジーパンに手が伸びます^^;

ですが、今度こそ機会を逃さないよう、どんどん着物にふれあって、娘と息子にも着物の楽しさを伝えていけたらと思います^^
これからもブログの更新楽しみにしていますので、頑張ってください!
Posted by まり at 2017年02月05日 02:06
まりさん こんにちは (*^_^*)

楽しいコメントをありがとうございます。

今回もお昼休みに「着らく」名物のコメント返しの手抜き更新でお返事させてもらいます。

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)
Posted by 師匠 at 2017年02月06日 11:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: