2016年10月10日

のんびり、のんびり、母親の介護をしながら小庵「着らく」の改装!(*^_^*)

小庵「着らく」を7月から3ヵ月以上もお休みしてしまいました!!!!!
この間に遊びに来ている子供達は学校でプチ「着らく」を開いたそうです。
私は母親の介護をしながら小庵「着らく」の改装をしていました。

アッ、7月に「着らく」をお休みしますと連絡した翌週にエアコンが止まり、
業者のかた曰く、
「このエアコンは本当の寿命ですから修理は無理です」
老体を無理して頑張ってくれていたんですね。(感謝)
エアコンを新調してこれまた寿命の蛍光灯をLEDに取り替えました。(*^^)v

ここまでが業者さんにお願いした事です。
後は毎度の事ながらのんびりと自分で改装開始!

仕事場の大きな棚を移動させながら思案・・・・・・
DSC_0069.JPG

遊びに来ている子供達の笑顔を思い浮かべながら・・・・
あちらこちらと移動しながら寸法を計り・・・また移動!(^_^;)
1476074289893.jpg

一番大切なスペースの完成!
1475989602595.jpg

後はほぼ大工仕事でした。白木には柿渋を塗る!
1476074422000.jpg

ゴザを外して畳に入れ替える!
1476074323836.jpg

特大のアイロン台を作る!
1475989648826.jpg 1475989634251.jpg

先週完成しました!
1476078208049.jpg

今日は襦袢を一度に14枚洗いましたよ。(*^^)v
袖の解れている襦袢は暇を見て直します。
半衿ものんびりと気が向いたら付けていきますね。(*^_^*)1476076705273.jpg

改装はイメージの7割ほど完成しました。
後の3割はぼつぼつとやっていく予定です。
私のぼつぼつでもサグラダ・ファミリアにはなりませんので安心して下さい。(*^_^*)

ところで私は肝心な事をやっていないのです。
それは着物の入れ替えです。
理由は身動きがとれないほど裏の倉庫が一杯になってしまい、
どれを出せば良いのか分からない!!!!!!!!
これは皆さんに手伝ってもらいながら順番に箱から出す予定です。

アッ、今日は休日ですから早めに母親の待つ蒲郡に帰ります。
私の顔を見るとベッドから一言「お腹空いた〜、今夜は何にするの?」
ちなみに今夜はカレイの煮つけと味噌汁です。(*^^)v

小庵「着らく」は場所を選ばず!
遊びに来ている子供達が工夫をしながら、
自分流の「着らく」を開いているように、
本来の着物文化は日本中の家庭に受け継がれた、
洋服よりも着心地の良い衣服文化なのです。


一握りの人達が私利私欲の為に考え出した、
習っても着られないようなおかしな着方を、
さも大昔から受け継がれたしきたりの様に教え、
おかしな着替えを習った人達は道具と頭を使い、
着物は大層に着替えるのは当たり前だと信じてしまい、
そして自分の子供達にはこんな一言を伝えるのです。

「むかし習ったけど忘れた!」(-_-;)


洋服を当たり前のように着替えている日本人にとって、
着物の着替えに道具と頭を使う不自然さに気付き、
そろそろ考え直す時代だと思うのですが・・・・・
posted by kiraku at 15:43| 愛知 ☁| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。復活おめでとうございます。

疲れ果てて更新が出来ないのかと心配していましたが、介護のためだったのですね。

私も義両親の介護で着物から離れていましたが、また着物の楽しみを復活しようと準備しています。

また既存の着付け教室主導の着物の常識を痛快に綴る記事を楽しみにしています。
私も楽に着物を着たい一人です。
Posted by もみじ at 2016年10月15日 21:52
もみじさん こんにちは (*^_^*)

痴呆の母親も思い通りにならない体や記憶に不安を覚え、
イライラとして手の付けられない不安定な時期もありました。
それでも今は現実を受け止め自分のできる範囲の事をやりながら、
楽しく生きる方向を目指しています。(*^^)v

私のできる介護は本人が落ち込みそうになった時に、
それを笑顔にする言葉と空気を与えるだけです。

アッ、甘えて訳の分からない事を言っている時は、
まったく関係の無い話をしながら一切無視しています。(#^.^#)

今のところは私の態度を見ながら自分なりに反省をしているようです。(*^^)v

ところで小庵「着らく」は母親の状態を見ながら開ける方向で動いています。

先週も一度開きましたよ。
来週も予定が入っています。(*^_^*)

楽しみにしている子供達の事を考えると、
母親には笑顔でいてもらわないと困るのです。

私の介護目標は「一日一回は母親の笑顔を見る!」これだけなんですよ。

アッ、最終手段は足の裏をチョンチョンとくすぐる裏ワザを使います。(*^^)v

これ以外の事は母親が生きる為に必要な事ばかりです。
「やって当たり前!」こんな風に考えると介護も楽しく思えます。

それとブログの更新をサボっていますが、
母親の介護を通して感じる日本のおかしな現実や、
本来の着物文化から日本人の受け継いだ心のあり方など、
皆さんに伝えたい事は以前の10倍はあるのです。

またのんびりと過ごせる時代が来たらゆっくりと更新する予定です。

アッ、93歳になる母親の介護をしながら心配になる事があります。
それはお着替え詐欺を考え出した皆さんも80歳を越えているのです。

「皆さんを信じている生徒さんの為にも、
 この世の行ないはそろそろ正した方が良いですよ」

と、陰ながらお節介な心配をしています。(^_^;)

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)
Posted by 師匠 at 2016年10月19日 11:23
初めてコメント投稿します。
普段着物にあこがれ、このブログにたどり着きました。
祖母と母の和箪笥に沢山の着物が何十年も眠っていると知り、着物が着れるようになりたいと思いました。
今年、子供の七五三には、私は母の着物を着て、娘には私の七五三の頃の着物を着せるつもりです(^-^)綺麗な状態で残されていました。
調べていてら、普段着に着物を着ている人もいて、とても素敵だと思うようになりました。
初めは着付け教室を探したのですが、このブログを読んで、教室に通う意味がわからなくなり、本とブログとにらめっこしながら少しずつ着物を着れるようになりました。

リサイクルのお店でウールの着物を見ていたら、着付け教室の先生だと言うおばさまに「ウールなんて!寝巻きと同じよ!価値が無い!着て外出なんて恥ずかしいから買ったらダメよ!初心者さんなら教えてあげる」と言われ、補整の仕方、着付け小物の説明までしてくださいました。自分の着姿にも自信が無かったのもあり、自己流なんてダメと言われ、なんだか悲しくなりました。

普段着に着物という選択肢があっても良いと思っていても、こういう人に出会うと心が揺らぎます。

でもまた着らくのブログを読んで自信をつけたいと思います!
Posted by りん at 2016年10月19日 23:10
りんさん こんにちは (*^_^*)

「あの人はいつも粋な着方をしている!」

「あの人の粋な着こなしは真似できない!」

こんな着物姿を自分の頭の中で勝手にイメージしながら適当に遊ぶと、
着物の楽しさや奥深さは無限に広がって行くと思いますよ。

四角四面の手本を真似ながらその通りに完成したとしても、
それはただ形を真似ただけの着物姿になってしまうのです。

「自分が着ていて楽な着方!」
「自分が着ていて楽しい着方!」
「そして自分でも思わず笑ってしまう着物姿!」

遊びに来ている子共達は初めての子でもこんな風に遊んでいます。

世間の常識とは何が違うのかと言えば、
最初から着物は習って着るものでは無いと分かっているのです。

自分が楽で楽しい着方をするのは普通の事です。
そして遊びながら着物を好きになれば誰でも・・・・

「この着物はこんな風に着たい!」
「この着物に合わせる帯はこんな風に結びたい!」
「この着物はこんな着こなしで歩きたい!」

こんな風に無限のイメージが生まれて来るのです。

「あの人はいつも粋な着方をしている!」

「あの人の粋な着こなしは真似できない!」

着物を好きになれば教えられなくても自然に生まれる着物姿です。

着物や帯と会話をしながら遊べる人は、
その時点で着物が大好きになっているのです。

どんな事に対しても幾つになっても遊び心は大切です。

遊び心を包んでいる着物姿には、
周りの人を笑顔にして元気にする力が生まれます。

家の中で着替えて遊ぶ時は好き放題に遊んで下さいね。
着慣れるとは遊びながら生まれる自分流の着こなしなのです。

その着物姿はおかしな着付けの先生よりも、
誰が見ても粋な着こなしになっているハズです。(*^^)v

衣服の着こなしは小難しく習うよりも、
好きになり無限のイメージで自分流に着慣れる事です。

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)
Posted by 師匠 at 2016年10月20日 13:35
今晩は。お久しぶりの投稿、嬉しく思っております。
最近、疑問に思った事です。
とある着物関連のサイトの意見交換のやり取りで、着物着用時にレストランで食事をしていたら、帯の締め付けのせいか、意識を失って病院搬送された人がいたそうです。着物着用時はいつも具合悪くなるそうです。そういう方は、着物が体質に合わないからと着物着用を避けた方がよろしいのでしょうか?
私が思うに、現代の一般的な着物の着方が人体に優しくないのではないかと思ってしまいました。
補正下着についても、いつからそういった物が使われ始めたのか疑問です。
江戸時代には補正下着など、無かったと思うのですが…
Posted by あきこ at 2016年10月21日 21:22
あきこさん こんにちは (*^_^*)

返事が遅くなり申し訳ありません。

昨日は小庵「着らく」を開いていました。(*^^)v

おそらく日本中の人が疑問に感じているあきこさんの質問には、
今週中には更新でお答えできたらと思っています。

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)
Posted by 師匠 at 2016年10月25日 15:03
七五三、行ってきました。
前々から私が家で着物生活をしていたのもあってか、娘も早く着せて〜♪とニコニコでした!
師匠からの返信を読んで、自信を持って私も着替えました。初めての晴れ着で緊張しましたが、補正も伊達締めもせず、苦しくないように着れました。
帯は、主人に背中の位置を合わせてもらったら、あっという間にできました。
やっぱりお太鼓は人にしてもらう結び方なんですね。
半日着ていても苦しくなくて、やっぱり着物って良いなと実感しました。
母とは身長差も10センチ以上あるけど、母の晴れ着は少し長めに仕立てられていて、私でも問題なく着れました。
母が嫁入りの時に、おばあちゃんが用意した着物なのですが、受け継がれるように仕立ててあるなんて、おばあちゃんの愛がいっぱいで、嬉しかったです。


七五三に着れるようにと思って、夏からたまに着物生活をしていたのですが、季節とともに変化する着物の快適さ感じて、最近はもっぱら着物で過ごしています。着らくのブログに出会ったおかげで、普段着物生活にどっぷりハマりそうです(^^)
Posted by りん at 2016年11月24日 20:25
りんさん おはようございます。 (*^_^*)

昔の人は一枚の着物を通して何代先の子孫まで見ていたんでしょうね。

直線裁ちで受け継がれた着物の形とは、
先で子孫が困らないような知恵と工夫を自然に教えてくれているんですよ。(*^^)v

今の日本は真逆の考え方になっている気がしませんか?

その形が詐欺師の考え出した今の着物文化であり、
日本中のタンスから捨てられている着物達はその間違いを、
無残に切り刻まれながらもしっかりと教えてくれているのです。

一度も袖を通していないような着物をわざわざ切り刻んで洋服にしなくても・・・

「そのまま着物として着られるのです」

どんなに古い着物でも日傘や巾着になる前に一度は着てほしかった子孫に・・・・

「捨てられる前に必ず出会っているのです」

この文化の歪みに気付いていないのは日本人だけかも知れません。(/_;)

ラジオやテレビから流れる着物の話題に思わず出てしまう言葉はいつも同じです。

「お前はアホか!」(^_^;)

若い人達が明日の日本に夢を持てる着物文化に早くしたいですね。(*^^)v

アッ、ここまで文化が歪んでしまうとその現実と真剣に向き合うのは大変です。

着物を通してりんさんの周りだけ明るい日本になれば良いのです。

少なくともりんさんのお子さんは、
受け継がれた着物を通して50年先まで安泰です。(*^^)v

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)

Posted by 師匠 at 2016年11月29日 09:35
はじめまして。
最近着物を着るようになりました。着付けを習ったのですが、しわがあったらダメだとか補正しなきゃダメだとか、普段着にそこまで気を使うのが億劫で、着付け教室はあまり性に合わず着られるようになってすぐにやめてしまいました。
もっと早くこちらを知っていればよかったなと思います。
今よりも着やすい着方を知りたいのですが、大人でも着らくに伺ってもよいのでしょうか。
ご返信お待ちしております。
Posted by たまこ at 2016年12月08日 19:14
たまこさん こんにちは (*^_^*)

日本中の人がとんでもない勘違いをしていると思うのですが、
ほんとうは晴れ着と普段着に着方の違いなど無いのです。

この意味を今の日本で理解するのは難しいかも知れません。
しかし、着物の入り口を間違えなければ自然な事なんですよ。(*^_^*)

着心地と着やすさは着ている人の工夫から生まれるものです。

おかしな洗脳を受けてしまうと、
こんな当たり前の常識も無くなってしまうのです。

教えられた形よりもたまこさん流の着方の方が楽だと感じれば、
それがたまこさんにあった着やすさと着心地なのです。

着物に限らず衣服の着心地と着こなしは着慣れる過程で自然に身に付くものです。(*^_^*)

もしも近所に洋服の着替えを着付けだと教える教室を見つけたら、
たまこさんはその奇妙な教室に通いますか?

その教室で教えている内容がまともだと信じている人達に囲まれたら、
たまこさんならどんな気持ちになりますか?

おかしな着物教室を通してこの国に蔓延している本当の怖さは、
「騙したもの勝ち!騙される人は馬鹿!」こんな土壌を創り上げた事です。

世界中の人が着替えをさせられながら、
これは着付けだと教えられる事に違和感を感じなければ良いのですが・・・・

良識のある人達には嫌悪感を覚える光景なのです。(^_^;)

着物は楽しく触れながら自分流に着慣れる事です。(*^^)v

今は母親の介護に専念していますので、
一般の人を対象に小庵「着らく」の予定は立てられません。

たまこさん流の着方をお友達と一緒に工夫されると楽しい時間になると思いますよ。

今の小庵「着らく」はそんな当たり前の空気に包まれながら着替えているだけです。

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)
Posted by 師匠 at 2016年12月09日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: