2016年05月21日

「着物を簡単に着るには?」う〜ん・・・・普通に着替えるだけ!(*^^)v

今日のタイトルは当たり前すぎて分かり辛い??????

遊びに来ている子共達に聞けばおそらく・・・
「これ以外の表現方法は見つからないですよね〜」(^_^;)

「着物は難しくて着られない!」
こんな風に思っている人達にも分かるように説明すると、

「自分で着るのは誰が何と言っても着替え!」
「着付けは着付け師の仕事!」

こんな簡単な日本語の意味を理解するだけで良いのです。

すると日本中で何が起こるのか!

「着物は難しい!」「着物は大変!」「着物は苦しい!」

こんな世間の非常識は一瞬で吹き飛んでしまいますよ。

着替えと着せ付けの意味を理解するだけで・・(*^^)v

「着物は簡単!」「着物は楽しい!」「着物は楽ちん!」

日本人が千年以上も大切に受け継ぎ、
どんな時代も着続けた着物本来の姿とは、
皆さんはどちらが本当だと思いますか?

私の創りたかった小庵「着らく」とは
「世間の非常識とは無縁の環境を創る!」
たったこれだけの事に16年の歳月を費やしただけです。(^^ゞ

「お着替え!お着替え!」

001.JPG 

「次はこの着物と帯にお着替え!」

003.JPG 

「この着物にはどの帯が合いますか?」

005.JPG 

「男袴にはこんな着物が似合う!」

007.JPG 

そろそろ終わる時間だぞ〜
と、思いながら子供達を見ると、
子供達も時計を見ながら
「まだもう一枚着替えられるー!」(^_^;)

009.JPG

「世間では一枚の着物に着替える為に、
 それはそれは大変な苦労をしているだぞ!」

そんな現実を伝えてもこの子達には、
私の冗談としか理解されないと思います。(^_^;)

着替えを着付けだと信じている人達は、
洋服の着替えを着付けだと言われても、
同じ事ができるのでしょうか。('_')

今月は着物に関わる人と、
なぜか二度もお話をする機会がありました。

袂の意味を訊ねても「何ですか?」
広襟の意味を訊ねても「何ですか?」

丁寧に説明をしながら最後に私が訊ねたのは、

「着心地と着こなしで着物を考えた事はありますか?」

ひょっとしたら着物に関わる人達は、
着物本来の温もりと意味を知らずに、
50年近くも着物を売っていたのでしょうか?


別れ際に私の伝えた言葉は、

「着物本来の温もりと意味を知れば、
 胸を張って売れる商品だと思います」(*^_^*)


着物に関わる人には、
着心地と着こなしの粋な着物姿で
大学へ行く子供がいる事を理解できるのでしょうか・・・

その着物姿を応援するのも、
着物に関わる人達の大切な仕事だと思います。

「アッ、日本文化を口にしながら着付けを教えて
   お着替え詐欺の片棒を担いでいるお店は、
   日本中に沢山ありますね。」(^_^;)
posted by kiraku at 19:29| 愛知 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(^-^)

師匠のブログを、ちい坊さんやプチ女将さんのブログで知りました。

1年ほど前から着物を着る様になりました。今は、家にいるときは着物を着ています。
師匠のブログで、着物は衣服なんだな、と思える様になりました。ありがとうございます。

不慣れなもので、失礼がありましたらすみません。
ブログ楽しみにしています((o(´∀`)o))
Posted by hitomingo at 2016年06月07日 16:00
hitomingoさん おはようございます。

ブログを放置状態にしている師匠であります。(^_^;)
 
「オイオイ、そんなに忙しいのかー!」

「エッ、相変わらず忙しいフリをしているだけです」(*^^)v

2月に痴呆宣告を受けた母親も今は生活のリズムを取戻し幻覚も減り、
「最近あの子達は来ないね〜」と変な心配をしています。

最近はハイタッチをして私を送り出してくれるまでに回復しました。(*^_^*)

今朝は5時に蒲郡の母親宅を出て知立バイバスを制限速度を守りながら?
トラックの流れに沿って走って来たら6時半には名古屋に着いていました。(*^^)v

忙しいと言えば先月は会社の決算月になり、
やる事は山ほどあるような気もするのですが、
なぜか気が進まないと言うか・・・やる気が起きない!

昨日は税理士に電話をして「いつまでに資料を揃えれば良いのかな〜」

「今月末にはお願いします」

「期限を決めてもらわないとやる気が起きん!」

アッ、その前に小庵「着らく」の準備が先です!(*^^)v

今週末も子供達が「お腹空きました〜」と言いながら遊びに来る予定です。(^_^;)

こんな調子の日々を送りながらブログをサボっている理由は?

一つには、
言いたい事の半分は書いてしまったので肩の荷が下りてしまったような・・・

もう一つには、
ブログを更新しなくても訪問者数とアクセス数はほとんど変わらないのです。

と言う事は・・・・
そのカウント数を見ると爺さんの日々を伝えるのは恥ずかしい!!!!!!(^_^;)

それに着付け師Bettyさんの「きもののきにっき」や「おふね」さんのブログ
ちぃ坊さんやぷち女将さんの楽しい着替えを紹介しているブログを見ている方が楽しいのです。

ところで戦後の日本はお金が動けば何でも有りの時代が長過ぎた気がします。

先日も東京都知事の公私混同に対する会見を聞きながら、
できれば人生の反省を済ませた人が東京都知事であってほしい気がします。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

こんなことわざも今は耳にしなくなりましたね〜

実った頭を持ち上げるのに庶民の血税を使われては大変です。(^_^;)

上に居座る人達がここまでボケていては、
これからの日本を生きる若い人達は大変です。

hitomingoさんも「痛い!苦しい!窮屈!」と感じることがあったら、、
その意味を知り少し見方を変えるだけで
「楽チン!楽しい!大好き!」に思える事があるかも知れません。

世間が痛くなるまで締めないとダメだと言うのは勝手!
世間が苦しくなるのは当然だと言うのも勝手!
世間が窮屈さを感じなければおかしいと言うのも勝手!

その現実と向き合うのは自分自身なのです。

着物の着替えは遊びの世界です。

素直な心で真剣に遊ぶ子供達の姿を見れば、
深刻な顔をして着替えている大人の人達も気付くと思いますよ。(*^^)v

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)




Posted by 師匠 at 2016年06月08日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: