2016年04月05日

「着物は・・・」 「着物が・・・」(*^_^*)

4月は桜の咲き散る季節ですね〜(*^_^*)
近所の桜並木です。
1459747657426.jpg

小庵「着らく」は季節に関係なく散る事のない元気な笑顔に溢れています。(*^^)v

私が居なくてもワイワイガヤガヤと好き勝手に着替える!
001.JPG 012.JPG

小庵「着らく」の着物姿はソメイヨシノと言うよりも、
緑の山肌にひときわ目立つヤマザクラかも知れませんね。(#^.^#)
002.JPG 003.JPG

先月は大学1年生だった子も今月から2年生です。(当たり前!)
004.JPG 005.JPG

先月は大学2年生だった子も今月から3年生です。(これまた当たり前!)
008.JPG 009.JPG

「着物は楽しい!」(*^^)v

006.JPG 007.JPG

「着物が大好き!」(*^_^*)

010.JPG 011.JPG

「着物は洋服と同じ!」(*^^)v

013.JPG 014.JPG

こんな当たり前の常識を、
着物に関わるすべての人が伝えていれば、
今の日本はどんな国になっていたのでしょう。

こんな当たり前の常識を、
身近な大人が胸を張って伝えられる環境なら、
今の日本で捨てられる着物は一枚もありません。


先月は着物に関わる人と話をする機会がありました。

「急がば回れ!
 捨てた物を新たに買う人などいないのです。
 先ずは捨てる事を止めさせる言葉を持つ事です」

「国が着物の日を制定してくれるから期待している」

この言葉にはさすがに絶句でした。(^_^;)

今の形を国から衣服令のように押し付けられたら、
着物文化は完全に根絶やしにされてしまいます。

着物に関わる人達の言葉は、
ボケた母親の言葉よりもボケていると・・・
心の中で呟くのが精一杯でした。(-_-;)

posted by kiraku at 10:30| 愛知 ☁| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
師匠さまーこんにちは!ちぃ坊です^^

ぼけぼけ〜っと過ごしていたら、桜を見逃すところでした〜
おっとりの私です(えへへ

着物を何度着ても、納得の着方にならない!って気持ちがずーっとあります。
「雑誌みたいに着こなしたい」と思っているからです。

雑誌みたいに着る事もできそうだけど…楽したい!
ゆるっと着れるから着物が好き!

昨日ゆるゆるに着物を着ていたら、
久々にあった母に「女郎みたい!」とバッシングされちゃいました。ひどい!

久々に着方を注意され、新鮮な気持ちです(笑

原因は襦袢をゆるく着すぎたから、衿元がグズグズだったからです。
(ババシャツも見えてた!)
「衿を正す」って大事だな〜

憧れは、衿同士が垂直になってる着方なのですが…
何も考えず着ると、男性の着物の衿元みたいになります。

うーんうーん

おしゃれって難しいです。
Posted by ちぃ坊 at 2016年04月07日 18:03
ちぃ坊さん こんにちは (*^_^*)

母親宅から軽自動車で片道2時間の通勤を続けている師匠であります。(*^^)v

座敷童の皆さんは相変わらずお見えになっているようですが、
母親には見えて私には見えないのが悔しいです。(^_^;)

ちぃ坊さんの着物姿を見ながら、
ひょっとしたら母親にはこんな着物姿の女の子が見えているのかも知れないと勝手に想像しています。(*^_^*)

着物をおしゃれに着る難しさは年齢や環境によってもかなり感じ方は違って来ます。

遊びに来ている子共達はお茶会の席でも、
それなりにグダグダとした着心地優先の着物姿になっていると思います。

それでもクレームがないのは周りの友達も同じように着ているからです。

アッ、過去に茶道部の先生からクレームがあった話は聞いています。
最近は先生も認めているのか?諦めているのか?どちらかだと思います。(^^ゞ

そもそも茶道はきらびやかな装いよりも質素倹約の心を重んじていた世界です。

簡単に言えば、
戦後の日本文化は千利休の求めた「侘び・寂び」の世界から、
豊臣秀吉の金の茶室文化に化けているような印象を受ける事があります。

侘び茶の世界を求めた千利休の道を説きながら、
現実は千利休に切腹を命じた秀吉の流れに染まっているような???(^_^;)

アッ、きもの文化を掘り下げると触れてはいけない問題が多すぎる!!!(^_^;)

今の着物文化は一本のシワに数万円の経済効果を生み出す恐ろしい文化です。

「あなた!背中にシワがー!!!!!!!!!!!!!!!
 この補正道具と着付け道具を買って、この着方を習えば問題解決!」

こんな着物文化でも経済効果の御旗を掲げれば国は推奨してくれるのです。

小庵「着らく」では普通に、
「背中のシワが気になる子は友達に後のおはしょりを引っ張ってもらいなさい」
こんな一言で背中のシワは解決するのです。(*^^)v

なぜなら、
遊びに来ている子は帯を結んだ後でも伊達締めを使っていないので、
後のおはしょりを引っ張れば背中のシワは簡単に消せるのです。(*^_^*)

世間の形にあわせて見た目だけをきれいにするのは人の目と手を借りた後に、

「ありがとう」の一言で解決します。

経済効果は無くても人に対する感謝の気持ちは生まれます。(*^^)v

「見た目の着物姿は同じでも、
 着物の包んでいる心と中身はまったく違うのです」

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)
Posted by 師匠 at 2016年04月08日 12:04
師匠さま、お返事ありがとうございます!
ちぃ坊です。

通勤お疲れ様です。片道2時間は堪えますね(><;
落語や流行の歌を聞きながら、安全運転してくださいね!

「着らく」のお嬢様達も着心地優先と聞いて、心が軽くなりました♪
いつも写真を拝見するとみんな綺麗に着ているので、、、
撮影の前に「後ろ綺麗にしてあげるね!」とお友達同士での会話があるのかな?^^*

お返事頂けて気持ちがスッキリしたので、先日は、パーカーの上に木綿の着物を着ました〜
「衿元が開くのが気になるなら、開かない服を着ればいいじゃん!」と
立て衿の「書生服」の平成バージョンです。庶民にはこれくらいが扱いやすい。

私は、海外旅行は着物で行きますが、着物で野点行くのは勇気がいります…(汗
抹茶と練りきりは大好き♪
洋服だと、野点でさらっと飲んで帰れそうなのに、着物だと躊躇しちゃいますね(^^;)
秀吉君のキラキラ文化は、庶民にはちょっと難しいです!


気持ちはスッキリしましたが、探究心は消えません〜

「柳原白蓮」や「樋口一葉」をインターネットで検索すると、
衿元が詰まった襦袢(半衿)の白黒写真が沢山ヒットします。

首の隠れ具合が「ポロシャツ」や「立て衿シャツ」を着た時に似ています。
私がどうやって襦袢を着ても、あの衿元にはならないです><

白黒写真をじーっとみていると、身幅(?)着物のサイズ感も小さめで…
私が着ている着物や襦袢は大きすぎるのかな?と感じてきました。
あと衿が立っている?
カッターシャツみたいに見えます。

私は、お裁縫や和裁のことはぜんぜーん分からないので、着物のサイズもさっぱりです。
着物のサイズについて「大きくても着れるし、小さいと着やすいな〜」程の興味しかありません。(苦笑

カッターシャツの上に着物を着てもよいのですが、
やっぱり半衿と着物の組み合わせが好きです!

古い戦前?の写真の女性の衿元は様々で、私みたいに深いV型の方もいました!
衿が3重になってる写真もありました〜
現代ならば「伊達衿」だろうけれど、おそらく「防寒」のために2枚襦袢を着たのかな?

とにかく襦袢をピチっと着たいのです。
着物はゆる〜く着ても、下着は見えませんが、、、
襦袢がゆるゆるだと少々不安なのです。

私が持っている半襦袢は、
サイズが大きくて、
昔の写真と比べると衿の形が違うのでしょうか?
Posted by ちぃ坊 at 2016年04月15日 20:28
横から失礼します!   襦袢は下着・・男性の師匠より 世話焼きおばさんの私の方が答えやすいかと・・

襦袢の襟を詰めて切るには 襦袢を着るときにえり先でおっぱいを包む様に脇の方まで持って行って止めると良いかも・・・そんなことわ知ってるよ・・かな?

私は頂き物の襦袢ばかりなのでサイズが色々です
そこで 考え出した襦袢の襟が緩んで来ない方法は
・襦袢の背中に紐を縫い付けてしまう
・着るときにまずはきつくても我慢してちょうど良い形を作る
・背中から回ってきている紐とえり先を安全ピンで止める
・きつく締めた紐を緩める
これで1日着物を着ていても襦袢の襟が緩むことがありませんし、苦しくもありません

わかりづらくてごめんなさい
でも こんなことしなくても 襦袢の襟に紐を縫い付けていてもいいし(子供のときの着物はこんな風ですよね!きっとこの方が分かりやすいかな?)
深くあわさっている襟も 素敵だと思います!

私はもうばあちゃんですが 若い方の自由な着物 大好きです!

たくさん着ましょうね!!


Posted by ゆうちゃん at 2016年04月17日 06:45
ちぃ坊さん ゆうちゃんさん おはようございます。(*^_^*)

昨夜は親戚の人が母親宅に泊まってくれたので2か月ぶりに自分の布団で寝ました。

しかし、いろいろ考え事もあり3時間ほど寝たら目が覚めてしまい、
う〜ん・・・先ずは着物文化の未来を何とかしなくては!!!!!!!
と、ちぃ坊さんへの返事も兼ねてブログの更新をしていたのです。(*^^)v

襦袢に関してはゆうちゃんさんの言われる通り!
下着の話は女性同士の方が会話に花が咲いて楽しい話題になります。

襦袢自体の形は着物と同じでそれほど大きな変化はないと思いますが、
掛け衿の出し方は時代によってかなり違います。
襦袢の衿を派手にして大きく出していた時代は、
見せ襦袢として掛け衿を少し広くしていたと思います。

着方の工夫は体型や手にした着物や襦袢で千差万別になります。

いろんな工夫をして楽しい時間を過ごして下さい。(*^^)v

ちぃ坊さんの着物姿がオンリーワンであるように、
遊びに来ている子共達の着物姿も似ているようで同じ着物姿ではありません。

その事を話題にして盛り上がる楽しさを日本中の人が知るだけで、
ちぃ坊さんの着物姿は着物文化の手本になると思います。

遊びに来ている子共達は着物の常識としてその楽しさをよく分かっています。

お母さん世代のゆうちゃんさんの言葉は子供達に勇気と元気を与えてくれます。

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)

Posted by 師匠 at 2016年04月17日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: