2016年01月02日

「2016年・謹賀新年」今年も小庵「着らく」は健在です。ヽ(^o^)丿

2000年8月から本来の着物文化を伝え始めて、
気付けば「2016年・謹賀新年」になっていたーーーー!!!!!

振り返る過去はすべて「光陰矢の如し」です。

着物文化を伝えるのに大量の着物と帯を集める私に対して、
着付けの資格を手にした周りの先生達は、

「何でそんなに着物や帯を集める必要があるんですか?」

これが小庵「着らく」の入り口でした。

当時は着物の着替え(自装?着付け)を習うには、
教材用に買わされた一枚の着物と帯があれば良かったのです。

たった一枚の着物と帯を使い、
たった一つの手本を真似て買わされる資格とは?

こんな形で着物文化を学んだ先生達にとっては、
着物本来の形を理解するだけでも大変だったのです。(^^ゞ

本来の着物文化とは、
受け継がれた着物と帯の数だけ着方の工夫と着物姿はある!

「たった一つの手本を真似る着物文化など、
 この地球上には常識として存在しないのです」(*^_^*)

何で日本中の人がこんな当たり前の常識を忘れてしまい、
詐欺師の考え出した着付け文化を真に受けてしまったのか!

その原因は敗戦後の日本中がびっくりポンとなった、
天皇陛下の人間宣言から始まっているのです。

「宮家に伝わるお服上げの儀式を真似て、
 着替えを着付けと偽り教えたのが始まりなのです」


もしも身近に着物のプロと言われている人や、
着物講師や師範と言われている人がいたら真剣に訊ねて下さい。

「千年以上も日本人を包んできた無限の着物姿は、
 なぜ戦後のたった40数年で消えたのですか?」

きっと着物講師や着物師範の肩書を持った人なら
「なるほど〜」と誰でも納得のできる答えを教えてくれますよ。(*^^)v

アッ、小庵「着らく」を創めた理由は、
2000年当時の日本では、
こんな簡単な答えを誰も教えてくれなかったのです。(^_^;)

「着物には!!!!!
 庶民には知り得ない!!!!!!!
 大層なしきたりと着方がある!!!!!」

正確には、絹の着物を知らなかった庶民に対して、

「絹の晴れ着には!!!!!!!!
 庶民には知り得ない!!!!!!
 大層なしきたりと着方がある!!!!!」

なぜ日本中の人達が無限にあった着物姿を捨ててしまい、
たった一つの着物姿を真似ることを強要され従う羽目になったのか!

この答えを日本中にいる着物講師や着物師範と言われる人達が伝えるだけで、

「2016年の日本は受け継がれた着物を通して元気になります」ヽ(^。^)ノ

日本人にとって着物とは、
千年以上も飽きずに着続けた無限の着物姿と、
日本の風土にあった着心地と着こなしのできる、
日本人の知恵と温もりを伝え続けた衣服なのです。


日本人としてやってはいけない事があるとしたら、

「教えられた形では着られない!」
「教えられた形では着るのも大変!」
「教えられた形を真似ないと恥ずかしい!」

こんな馬鹿げた理由で、
大切に受け継がれた着物を捨てる行為です。


師匠の元日
初詣は岐阜県海津市のお千代保稲荷ヘ (参拝するのに長蛇の列)
並ぶのは大嫌いな私が一時間以上も忍耐強く並んでいた事に妻はびっくりポン!
その理由は?並ぶ前にお千代保稲荷名物のナマズ定食を食べたから!(*^^)v
IMG_19160001.JPG
今日は北区の山田天満宮まで昨年のお札を納めて新しいお札をもらいに、
キ〜コキ〜コと人力エンジンの自転車で行って来ました。(*^^)v
160102_1049~01.JPG

昨年の抱負
「果報は寝て待て!」

今年の抱負
「ただひたすら神頼み!」

神様曰く、
「この大馬鹿者!!!!!」

(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)



詐欺師曰く、

「日本人が着物に着替えるには、
 庶民には知り得ない!!!!!!!!
 大層なしきたりと着方がある!!!!!!」


着物の神様曰く、

「この大馬鹿者!!!!!!!」
ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ


今年は私も数え年の還暦です。
アレレ?還暦になってもカラフルな初更新ですね〜(^_^;)

30年後の日本でも理不尽な理由で捨てられている着物があれば、
私は何一つ変わらない言葉でカラフル更新を続けていると思います。(*^^)v

今年も元気に明るく!
自分の未来を見失わないように!
感謝と笑顔を忘れずに!
堂々と胸を張って生きましょうね。(*^_^*)
posted by kiraku at 18:37| 愛知 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます
今年のお正月は 暖かく 穏やかな 札幌です

とても嬉しいことがあったので 師匠に報告させていただきます

我が家のお嫁さんが嫁いでくれたここ数年、元旦には全員で着物を着て初詣と記念写真が恒例となっています
まだ、畳み方もわからないお嫁ちゃんも 着物は大好きで 息子も嫌がらずに来てくれることがとても嬉しく思っています
そして今年、まだ1歳の孫が着物を嫌がらずに着てくれるかどうかが私の心配事でした

それが 大人がみんな着物を着ると 孫息子も嬉しそうに着てくれたのです!!!  いつもはすぐに靴下を脱いでしまうのに、足袋まで履いてくれたのです!  そしてそして 自宅に帰るまでずっと着物で過ごしたのです

これからも ずっと着物好きで育って欲しい と考えるばあちゃんの独り言でした

今年も師匠のブログを楽しく読ませていただきます
よろしくお願いします
Posted by ゆうちゃん at 2016年01月03日 09:07
ゆうちゃんさん あけましておめでとうございます。

本来の着物文化とは、
受け継がれた着物を通して家族が和みの空気に包まれる姿なんですよ。

曾御祖母ちゃんやお祖母さんの着物に包まれているお母さんの着物姿を見て、
子共や孫はその凛とした着物姿に憧れながら育って行くのです。
そして気付けばその着物に袖を通せる歳になっている!
その時に初めて着物文化の温もりと奥深さを知るのです。

本来の意味を知ってポイポイと捨てられている着物を見ている私の言動は、
時として乱暴だと批判されていると思います。

しかしこれでも京都まで出向いて「この詐欺野郎ー!」
と叫びたくなる気持ちを必死に堪えているのです。

こんな記事を書きながら表に出たら直ぐに瞬殺されてしまいます。(^_^;)

受け継がれた着物に包まれる意味とは、
ご先祖様に恥じない行ないを自然に意識する事でもあるのです。

ゆうちゃんさんの御家族は百年先まで安泰ですね。(*^^)v

アッ、私も着物を通して嬉しかった事や楽しかった事は山ほどあるのですが、
それを文章で伝えても世間の人には理解されない内容だと思っています。

ゆうちゃんさんとの出会いは着物の神様がくれたご褒美だと思っています。

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)

Posted by 師匠 at 2016年01月03日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: