2017年03月02日

長い着物をわざわざ 「はしょる」 意味は?

あきこさん こんにちは (*^_^*)

今日は久しぶりに「はしょり」の意味をお伝えしますね。(*^^)v

まず長い着物を「短くはしょる」理由は何だと思いますか?

ヒント!
昔の人達は長い着物はロングドレスとして長いまま着ていたのです。

110511_1117~01.JPG

110511_1118~01.JPG

110815_0937~01.JPG

110516_2149~01.JPG

o0172024911170489553.jpg

ロングドレスは万国共通の常識として長いまま着るのが正式です。
その豪華なロングドレスを見たら誰でも一度は着てみたいーーーー!!!!
しかし、これも万国共通の常識として、
ロングドレスを着ていた人達は自分で家事をする必要のない人達だったのです。

「それでもロングドレスは着たい!!!!!!!!!」

アッ!お手伝いさんを雇う代わりに、
長い着物をはしょって家事をすれば問題解決!!!
(*^^)vヽ(^。^)ノ(#^.^#)


これが長い着物をはしょり始めた理由なのです。
豊かになれば長い着物に憧れるのは自然な流れです。

この子達のはしょりが長いのは
「私はこんなに長い着物を着ているのよー!」と、
はしょりの大きさで長い着物を自慢している着物姿になるのです。
明治40年

では、このオレンジ名札で着物に着慣れた子達が、
はしょりをモコモコさせている理由は何だと思いますか?

023.JPG

答えは、
「お茶会ならきれいに整えるけど、
 普段はいちいちめんどくさい!」!(^^)!


着ている本人も周りの友達もはしょる意味を知っているのです。
意味を知って着れば凛とした着物姿になるのです。

私は着慣れない子に対して始末の仕方は教えます。
しかし、着慣れた子の着物姿には意味があるのです。(*^^)v

あきこさん!ここからが本題です。

戦後の日本に突然現れ!
着付け教室なる看板を掲げ!
奇々怪々な着替えを教えた教室では!
何で 「7センチ」 のはしょりを強要したのか!

この意味が分かりますか?

この答えは豪華絢爛なガバガバサイズの晴れ着が、
タンス一杯に溢れている現代の感覚では
どんなに知恵をしぼっても本当の答えは見つかりません。

しかし、着付け教室が日本に誕生する前の、
古い銘仙やウール着物を見れば直ぐに分かりますよ。(*^_^*)

そうです!
昔の着物には7センチのはしょりが出せる着物など、
よほどのお金持ちのタンスをひっくり返さない限り、
そんな豪華絢爛で長い晴れ着など一枚も無かったのです。

もしも、そんな無理難題を真に受けてしまったら、
詐欺師の考えた決まり事は、
すべてがお金に化ける魔法の力を得るのです。

普通に考えれば、
着物姿に一つの手本などあり得ないのです。

普通に考えれば、
着替えを着付けとは教えないのです。

普通に考えれば、
同じ洋服姿を強要されたら怒ります。(*^^)v


もしも百年前におかしな詐欺師が現れたら、

110710_0943~01.JPG

「トメさん!大変だよー!」

「エッ!何かあったのかい!」

「着物のはしょりは7センチが決まり事らしいよ」

「なに言ってるんだい!そんな事を言われたって
 私の背丈はそんな急には縮まらないよ!」(爆笑)

「だから!着物を長くするしかないんだよ!」

「エッ!着物の裾に布を足すのかい!
 そんな事したらせっかくの着物が台無しだよ」

「ならお腹で切って布を足したらどうだい!」

「それこそ罪の無い着物が切腹だよ!
 どこの馬鹿がそんな事を言っているんだい!」

「お上の認可した学院のお達しだと聞いたけど・・・・・」

全員 「お上がそんな馬鹿な決まり事を許す訳ないよ!
    あ〜驚いた、あんたがボケたのかと思ったよ〜」



昔も今も・・・・・
大人が普通の常識で会話をするだけで良いのです。(*^^)v

「着物を通して、
 真剣に遊ぶ子供達の笑顔は輝いてます。」

「着物を通して、
 深刻に悩む子供達を育ててはいけません。」


あきこさんへ
これからもお姫様になって子供達の笑顔を大切に育てて下さいね。

また遊びに来て下さい。(*^_^*)
posted by kiraku at 12:29| 愛知 ☁| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする