2016年06月14日

着物はのんびり楽しく着替えましょうね。(*^_^*)

健全な空気で着物に着替えると何が起こるのか?

アッ、その前に健全な空気の意味を伝えなくてはいけませんね。(^_^;)

健全な空気とは、
平安時代から受け継がれた着物本来の空気です。(*^^)v

不健全な空気とは、
着替えを着付けだと偽りありもしない決まり事を、
大昔から日本に伝わるしきたりのように教え、
戦後の日本で大儲けをした人達の創り出す空気です。

健全な空気しか知らない子供達は何も教えなくても、
受け継がれた着物から多くの事を学びます。

「なんで麻の単は丈を短くしたの?」

「アッ、この着物は夏用ですから涼しく着ました」(*^_^*)

001.JPG

着慣れない子のお太鼓も
着付けゴッコと思えば楽しい帯結びになります。

002.JPG 003.JPG

いつもはお祖母さんから受け継いだ緑色の襦袢を持参してくる子との会話。

「アレ、その襦袢はどうした?」

「ハイ、これは芸者さんからもらった襦袢です」

「エッ、芸者さんからもらったの?」

「お祖母さんは昔三味線の師匠をしてまして、
 その生徒さんだった芸者さんからもらったそうです」

その襦袢に合せた着こなし何でしょうか?

004.JPG 006.JPG

私が服地で作った半巾帯を手にした子は、

「猫結び!!!!!」

007.JPG

「その理由は?」

「柄に猫があったから!」

008.JPG

着慣れた3年生の着物姿!
お直しオバサンも裸足で逃げる迫力を感じます。(^_^;)

009.JPG 010.JPG

2年生のグループは2回目の子の面倒を6回目の子が見ていました。

そこで3年生の先輩達に一言。

「オイ、1年生が入って来る前に2回目の後輩を何とかしなさい」

「分かりました!」

世間に合せる形はついでに教える着物姿になってます。(*^^)v

011.JPG 012.JPG

2回目の子はなぜか振り袖を着て着付けゴッコ!

「この帯は長いから二重太鼓で良いですね」

「ハイ、正解!」(*^_^*)

017.JPG

後輩の面倒を見ながら先輩の帯結び!

ブルーの夏着物を着て海をイメージしたのかな?

013.JPG 014.JPG

着慣れた3年生の子は全員オレンジ名札!
オレンジ名札の子は大層な着物学院に何年も通い、
師範や講師の資格を手にしている先生よりも粋な着物姿になります。

なぜか?
それは手にした着物や帯と会話をしながら、
着心地を優先して着こなしているからです。(*^^)v

015.JPG 016.JPG

ブログを更新しなくなった理由の一つに、
今の小庵「着らく」の空気を理解できる人は、
この日本にはどれほどいるのかな〜・・・

「日本人が着物を着られないのは普通?」

「これは違います」

「おかしな着方や形を強要されているから、
 人として着られないのは普通の事なのです」

「本来の着物文化がこの日本にも存在するのなら、
 洋服よりも簡単に着られない事がおかしいのです」


おかしな着付けの資格を手にしている人達は、
お直しオバサンではなくお着替え詐欺の被害者です。


せめて着物を売る人達は、
そろそろ正気に戻ってほしいと思います。(*^_^*)

着物を売る人達にとって楽しく着物を着られては、
何か不都合でもあるのでしょうか?

何の不都合も無いのなら、
人としての常識を伝えるのも大きな仕事です。

018.JPG 019.JPG

「日本人は衣服を着るのに、
 身構えなければ着られない!
 もしもそんな現実があるとしたら、
 人として恥ずかしいと思いませんか?」

と、私は遊びに来ている子共達には伝えています。(*^^)v


こんな常識を伝える着物屋さんが増えると、
着物文化の未来は明るくなると思いますよ。(*^_^*)
posted by kiraku at 15:38| 愛知 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

着物を難しいと感じたら・・・洋服に着替える!(*^^)v

ジャスミンさん こんばんは (*^_^*)

「着物は日本人の衣服です。」

「洋服も日本人の衣服です。」

今の着物文化を難しいと感じる事があれば、、
同じ事を洋服の着替えでもやりなさいと言われたら、
誰でもおかしな文化だと気付くのです。(*^_^*)

「手にした衣服のサイズや形より、
 教えられる画一的な形が大切!」

「右利き左利きその人の癖に関係なく、
 教えられる手順に従わなければダメ!」

「着替えにも必ず着付け道具を使いなさいと、
 教えられたとおりに使わなければダメ!」

「挙句の果てに教えたとおりに10分で着替えた人は、
 着替えただけなのに着付けの資格を買わされる!」

良識のある人達から見れば、
狂気の世界に見えてしまうのです。

普通の常識を持った人達から日本の着物文化は
〇〇〇的な洗脳文化だと酷評を受けても仕方ないのです。(T_T)

遊びに来ている子共達の笑顔は、
着物本来の意味を知って着替えれば、
誰でも自然に生まれる温もりのある笑顔なのです。

003.JPG 004.JPG

「洋服の着替えに他人を真似るような手順は無い!」

こんな常識をわざわざ伝える人がいますか?

005.JPG 010.JPG

「洋服の着替えに道具など必要無い!」

こんな常識をわざわざ伝える人がいますか?

007.JPG 008.JPG

「洋服を画一的な形に着る文化など無い!」

こんな常識をわざわざ伝える人がいますか?

011.JPG 012.JPG 

今の小庵「着らく」では、
着方を習おうとする子もいなければ、
教えようとする大人もいないのです。

そうです!
おかしな着物教室が日本に誕生する前の、
健全な環境で着替えているだけなのです。(*^^)v

着物文化の伝えた子孫を思いやる心を知れば、
世界中の人が日本人の知恵と工夫に驚きます。

普通に着替える事も許されない衣服文化など、
日本の着物文化には最初から存在しないのです。(*^^)v

着物文化を教えている先生達が気付くだけで、
生徒さん達の笑顔に出会えます。

着物文化の有識者と言われる人達の顔色を伺うよりも
目の前にいる生徒さんの笑顔を大切にして下さい。(*^^)v

と・・・こんな当たり前の姿を想像するだけで、
着物文化を通して日本の未来に希望が生まれます。

最近は同じ事しか伝えていないですね〜(^_^;)
それだけ私自身が子供達の創り出す
小庵「着らく」の空気に染まっている気がします。

また遊びに来て下さいね。(*^_^*)

小庵「着らく」からのお知らせです。

鍋プリンをもう一度作りたいので、
次回も師匠の鍋プリンに付き合いなさい!(*^^)v
posted by kiraku at 20:13| 愛知 ☔| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする