2016年02月06日

日本の着物文化にしきたりや決まり事など・・・最初から無いのです。(*^^)v

このブログを始めてから1ヶ月近くも休んだのは初めてかも知れませんね〜(^_^;)

たった1ヶ月でも人生にはいろんな事があるものです。

名古屋市内で呉服問屋を営む社長さんと話をする機会がありました。

私 「着物はこれからの衣服です」
社長「着物はもう完全にダメだ!」

アレレ?一言一句同じ会話を20年前にもしたような気がする・・・
ひょっとして社長は目の前にぶら下がる現実だけをボヤキながら、
先の無い今をただ何となく20年も積み重ねて来たのかな〜?????

70歳を越えた老人を目の前にして元気づける言葉も見つからず、
着物はもうダメな理由を延々と話される言葉に頷くだけで精一杯でした。(^_^;)

不思議に感じたのは、
今がダメな理由は雄弁に山ほど語っているのに、
そこまでダメになった過去の反省は一言も無いのです。

私は若い頃に明治生まれ父親からよく言われた言葉があります。

「気付いてやるのは上の上
 真似てやるのは中の中
 言われてやるのは下の下
 言われてやらぬは人のクズ!」


若い頃は父親からクズ呼ばわりをされ腹を立てる知恵はあっても、
その言葉の真意を理解するだけの器はありませんでした。(^_^;)

この歳になってやっと理解できるようになった気がします。(遅い!)

言われてやらぬは人のクズなら・・・・
自分の言葉に責任を持たない政治家はナニ?(^_^;)

アッ、これ以上話を脱線させると危ない!

ところで着物はその時代によって形は違うことを知っていますか?

「昭和初期に仕立てられた着物は、
 戦後の着物よりも袂が長いのには意味があるだぞ〜」

受け継がれた着物を手にとってその意味を伝えるだけで、
着物の温もりと素晴らしさは分かるのです。(*^^)v
003.JPG

私が着物文化を通して若い人達に伝えられる言葉があるとしたら、

日本の着物文化とは、
「この形を真似ないと着物を着る資格は与えない!」

日本の着物文化とは、
「この手順を真似ないと着物を着る資格は与えない!」

日本の着物文化とは、
「この着付け道具を使わないと着物を着る資格は与えない!」

こんな言葉を40年以上も真に受けている人達は
「着物は大変!着物は難しい!着物は苦しい!」
と訳の分からない事を言いながら40年の歳月を
ただプカプカと流されて還暦を過ぎているのです。

その人達が子供や孫世代に対して、
今でも着替えを着付けだと教えながら、
おかしな着替えを強要しているのです。



小庵「着らく」はそんな世間の非常識に対して、
「いい加減にやめなさい!」 と言える、
思いやりの心を育てているだけです。


この子共たちに対して着替えを着付けだと言いながら、
一つの手本を示して同じ形で着替えなさいと強要できますか?、
この日本にはそんな勇気のある着物学院の先生はいないのです。

004.JPG 005.JPG

何故なら、
この子共たちには受け継がれた着物から学んだ凛とした心があります。
もしもそんな理不尽な事を強要すれば一言です。
「バカじゃないの!」

006.JPG 007.JPG

着心地と着こなしで着替えているこの子共たちに対して、
補正と着付け道具を強要できる着物師範の先生はいますか?
この日本にはそんな勇気のある着物師範の先生はいないのです。

009.JPG 010.JPG

何故なら、
最初から補整と着付け道具に着物をそわせている人には、
着物本来の着心地と着こなしの意味すら理解できないからです。

011.JPG 012.JPG

世間にあって小庵「着らく」に無いものは?

それは詐欺師の考え出した手本をセンチの単位で真似る事!
世界中から日本の七不思議と言われている同じ着物姿です。

世間に無くて小庵「着らく」にあるものは?

それは着物を通して個性を表現する空気です。
着物は造作も無く着れるのに・・・・
おにぎりを作った事が無い!!!!!!!
それなら着物よりもおにぎりを作る方が先ですよね〜(^_^;)
008.JPG
015.JPG 016.JPG 013.JPG
posted by kiraku at 22:26| 愛知 ☁| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

受け継がれた着物に笑われる?(^_^;)

昨日のヤフーニュースに今年も国の借金報告が載っていました。
借金返済の為に消費税を上げたのですから、
個人的に借金はどれほど減ったのか楽しみにしていたのです。(*^_^*)

財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」が、
平成27年12月末現在で1044兆5904億円だったと発表した。
28年1月1日時点の総人口1億2682万人(総務省推計)で割ると、
国民1人当たりの借金は約824万円となる計算だ。(産経新聞)

オー!2000兆円あった借金が半分に減っている!!!!!!
さすが安部内閣の手腕は評判通りで良かった!!!!!!!!!
これで国債の格付けも最低ランクから脱却して日本の未来は明るい!

「師!師匠!頭がおかしくなったんですか!!!!
 国の借金は消費税の上がる前よりも増えてますよー!!!」

「エッ、何を言っているんですか?
 お上には最初から借金を減らす気など微塵もないのです。
 こんな時代の数字は常にその倍で考えるのが正しいのです」

「おー、まだ1000兆円チョイか・・・
 お上は日本が倒れても気付かないのかな〜」

こんな風に考えれば、
実態経済の動かない理由も簡単に分かるのです。(*^^)v

この国を今の着物文化のようにしてはいけません。
それでは捨てられた着物があまりにも気の毒です。

と、昭和初期に仕立てられた袂(タモト)の長い着物は、
今の日本の姿に呆れていると思います。

大正〜昭和初期の日本は貧乏のどん底でした。
何でその時代に仕立てられた着物は袂が長いのか?

それはこの先に今以上に大変な時代が来ても、
着物を受け継いだ子孫が困らない様に、
当て布の量を多くしたのです。(*^^)v

この着物は昭和初期の貧乏どん底時代に仕立てられ、
日本全土が焦土と化した敗戦を経験しているのです。

1455157637275.jpg1455157624213.jpg

平和で豊かになった戦後の着物は、
貧乏に備える袂の当て布は短くなり、
ロングドレスの丈が長くなったのです。(*^^)v
1455157490983.jpg

「こんな風に本来の意味を知って着物に触れると、
 現代のような豊かな生活に不満は無くなり、
 多少の貧乏にも感謝の気持ちが生まれます」


日本中のタンスから
日本人の知恵と温もりを伝えた、
着物文化が捨てられている!

「その世界中から笑われている今の着物文化は、
 誰が創り!誰が推奨しているのか!!!!!」

「日本の着物文化とは躾糸を通して、
 人としての恥を伝えた文化でもあるのです」

「若い人達に舞台の上で生着替えをさせて、
 礼儀作法を教える意味が何処にあるのでしょうか?」

「着物姿に一本のシワを見つける暇があるなら、
 そのシワを指摘する言葉の意味を伝えて下さい」

「着物姿に1センチのズレを見つける暇があるなら、
 そのズレを指摘する言葉の意味を伝えて下さい」

「日本中の人が寸分違わず同じ着物姿で歩いていたら
 この国は完全なカルト国家だと言われます」(T_T)
 

「良識のある庶民は着物を着ない事でしか、
 この国の尊厳を守れなかった時代もあるのです」


オーーーー、またまたカラフル更新になってしまったー!

ところで14日の小庵「着らく」は
サツマイモがたくさんあるので鬼饅頭を作るぞー!(*^^)v
posted by kiraku at 14:02| 愛知 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

着物は日本人にとって・・・ナニ?(^_^;)

今回の更新は、
びびさんのご質問にお答えして、
chappiさんのコメントにお礼を言って、
まちこさんのコメントにもお礼を伝えなくてはいけません。

びびさんへ
コメントでお伝えしたように受け継がれた着物と襦袢では時代のズレがあります。
直接肌に触れる襦袢(下着)を百年受け継ぐのは難しく、
滅多に着ない晴れ着は普通に百年は受け継がれているのです。

着物はこの百年間を振り返っても時代の主流は、
麻⇒木綿⇒ウール⇒絹⇒ポリエステル⇒古着と変化しています。
そして着物の形もその時代背景によって変化しているのです。

襦袢も同じようにその時代の着物に合わせて着られていたのですから、
袂の長さ一つとっても時代が違えば同じ長さで合せるのは無理なのです。

「この襦袢は着物とサイズが合わないからダメ!」

「こんな発想は昔の人には無かった!
 先ずはこの事を頭に入れて下さい」(*^_^*)

昭和初期の着物は袂が長く、現代着物に合わせた襦袢は袂が短い。
着物より襦袢の袂が短いと何が起こるのかと言えば、
こんな風に袂の後ろから襦袢が顔を出してしまうのです。
その時は着物の矢印部分を2カ所ほど糸で留めてしまえば良いのです。
着物の袂に蓋をすれば襦袢が顔を出す事はありません。(*^^)v
008.JPG
反対に襦袢の袂が長い場合は、
長い分だけ下を折ってざっくりと縫えば良いのです。(*^^)v

古い着物は時代に合せて長い袂を内側に折り込み、
角袖の形で縫ってある着物はよく見かけます。

着物の袂に蓋をするのは二針の作業ですから、
一度参考にして試して下さい。(*^_^*)

chappiさんへ、
貴重な話をありがとうございます。
手にした着物と同じ時代を生きていた人の工夫は貴重です。
昔の人なら何の造作も無く思い付いた工夫も、
現代では教えられた形を基準に考えないと、
着物を着てはダメだと教えられているだけですね。(^_^;)

まちこさんへ
楽な着方を教えてくれる教室に出会えて良かったです。(*^_^*)
機会があれば楽しい着物文化を周りのお友達にも伝えて下さい。
楽しいコメントをありがとうございます。

皆さんに伝えられる事は、
着物文化は自然な流れとして、
近い将来には本来の形に戻されます。(*^^)v

何故なら、
平安時代から受け継がれている着物は、
日本中の人が普通に着ていた衣服なのです。

世界中から笑われている着物文化とは、
着物教室が日本中に点在しているにも関わらず、

「日本人は着物を着ない!」(@_@;)

「日本人は着物を着れない!」(@_@;)

「日本人は着物を着たくないと言う!」(@_@;)

良識のある人なら誰でも、
おかしな事を教えていると気付きます。(^_^;)


小庵「着らく」は世間の常識よりも、
人としての良識を伝えているだけです。(*^^)v

今回の小庵「着らく」は全員が1年生でした。
五回目の子が1人で二回目の同級生3人の面倒を見ていました。
私が過去に出会ったどの着物学院の先生よりも教え方は確実に上手い!

何で?

着物は洋服よりも簡単に着るのは当たり前!

そんな日本人としての常識を、
友達に伝えられる良識をもっているからです。
009.JPG 010.JPG

遊びに来た子に伝言
「オイ、私にメールを入れるの忘れてるぞー!」(^_^;)
posted by kiraku at 00:47| 愛知 ☁| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

若い人に受け継いでほしい着物文化とは・・・(*^_^*)

「自分で洋服を着るのは着替えです」

「見知らぬ大人から
 洋服の着替えを教えると言われたら?」

普通なら怪しいと感じて断わります。

「見知らぬ大人から
 洋服の自装を教えると言われたら?」

普通なら自装の意味が分からずに
「自装ってなんですか?」と聞きます。
その意味が自分で着る事だと言われたら、
かなり怪しい人だと気付きます。


「見知らぬ大人から
 正装を着るには資格がいると言われたら?」

「学生の正装は制服です」と答えます。

こんな事を平気な顔で言える大人は、
子共でも絶対に怪しい人だと気付きます。

「日本人にとって着物とは、
 洋服よりも歴史のある馴染の深い衣服なのです」

「着物だから特別だと言われたら、
 洋服の方が特別だと言える人が正しいのです」

「半世紀前の日本では、
 こんな怪しい大人がウジャウジャいたのです」

「平成のうちに昭和の凸凹は平らに戻して、
 次の時代を生きる若い人達に渡しましょうね」(*^_^*)


家族として・・・
お年寄りを詐欺から守ることは大切です。

親として・・・
子供を詐欺から守るのはもっと大切なことです。

日本人として一番大切な事は
嘘を並べて金品を騙し取る行為は、
悪い事だと自覚のできる健全な環境です。


「国が詐欺を推奨するなど言語道断だと、
 ゴミのように捨てられた着物は嘆いています」
posted by kiraku at 18:37| 愛知 ☀| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする